1000億への道

オンゲーおいて1000億貯めようとすること(1000億への道)を目標とする無謀奮闘記。 だったんだけど・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろんなサイトで紹介されているけど・・・ 本当に使えたの?

本当に使えるレジストリデフラグ
全然使えないんですけど~
・・と、管理人さんに苦情のコメントを残したいお気持ちはヨクわかりますが、我慢です!

彼らも悪気があって記事を書いているわけではないのです。 環境の違いで上手くいったり、いかなかったりするモンです。
許してあげてね
そんなワケで、未来予測的言い訳から始まりましたがw
以下のソフトはワタクシが実際使ってみて、「どーだったか?」です。
ntregopt

まずはXPで大活躍だった NTREGOPT です。
64bit にも対応しているようで、Vista、7、でも使用している方がいるようです。 しかし残念ながら、ワタクシの環境では、最適化後の数値が異常な値を示していた為(実際異常かどうかは分からない)使用を断念しました。
regdefrag1

次に試したのは wiki に 64bit で使えるソフトとして書かれていた QUICKSYS regdefrag です。
regdefrag2

レジストリの分析結果です。 5% の断片化が発生している様です。
ちゃんと動いてるっぽいですよね?

しかしながら・・ 実はコレ↑ デフラグ実行後に再び分析してみた結果なのです!

つまり、分析もデフラグも一見異常なくできるけれど・・ 実際は出来てない。 いやそれどころか、表示されているレジストリサイズが実行前より微増してるんですけど~
使えたデフラグソフト1

そんなコンナで行き着きましたのが、この Eusing Free Registry Defrag です。 デザインがショボイですが、機能はしっかりしてますから、見た目で判断しないように!(←してました^^;)

一応日本語化できるみたいなのですが、やってみると文字化けするので・・そのまま使用します。
使えたデフラグソフト2

Analyze Registry(分析)してみた結果、1.0% の断片化の様です。QUICKSYS とは大分違います。
「別にデフラグしなくてもいいよ~、やっても無駄だよ~」
みたいな事が書かれていますが、それでもデフラグしてみます。
使えたデフラグソフト3

一度分析すると、Analyze Registry の真下の Defrag Registry が実行可能になるのでクリックします。
「いやいや・・ マジでデフラグするんすか?」
みたいな事聞かれますが、気にせずイエスを選択! 再起動が始まります。
使えたデフラグソフト4

再起動後、QUICKSYS regdefrag で分析してみると、「断片化は検出されませんでした。」と表示されました。
使えたデフラグソフト5

今度は、デフラグしたソフト Eusing Free Registry Defrag で分析してみると 0.3% の断片化があるとの結果が出ました。
「意味ないよ~w」
みたいな事が書いてありましたが、一応小さくなってる様です。

QUICKSYS regdefrag

Eusing Free Registry Defrag
・・と、そんなコンナで。
ワタクシの環境下において「ちゃんと動いた」のは Eusing Free Registry Defrag でした。 これがオススメとは言い切れませんが・・ 少なくとも、前二つのソフトが駄目だった方は、試してみる価値があるかもです

1000億への道topへ
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:レジストリデフラグ - ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://blog1000oku.blog91.fc2.com/tb.php/418-84d8fa3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。